社会保険労務士になるための勉強

社会保険労務士になるための勉強

 

今回、初めて社会保険労務士の資格取得の為に勉強を始めたのであれば、まずは参考書探しが重要になってきます。小学生の時に最初に使った教科書がイラスト入りで視覚的に分かりやすいものだったように、最初のうちはイラストや図解が多いもので大体で構わないので概要を頭に入れることが大切です。試験の内容は幅が広いので、大まかな内容を理解してから、細部に向かって勉強を進めていくことがより効率的と言えるからです。そして、法律に基づく試験でもあるので、試験問題は法改正と連動して変化をしていきます。参考書を選ぶ際にはタイトルや背表紙などに『○○年度版』という記載があるので、より最新のものを選び・購入した方が良いでしょう。そうした基本を学ぶ教科書でおおよその内容を頭に入れてから過去問題をやり始めた方が、より問題の正解率が上がりモチベーション維持もできるのです。
問題集もテキストも様々な種類のものが出版されています。ですが、自分にあったものを選ぶことが大切です。問題集においては、過去問を何度も繰り返しこなすことで出題形式にも慣れていけるので、多数の種類を利用するのは良いのですが、基本のテキストについては、自分に合うものをとことん追求した方が良いでしょう。問題を解いていると分かるかも知れませんが、法律は言い回しによって見解が違ってくることがあります。テキストについても同様で、すでに理解しているものをまた別の角度から勉強するよりは、試験合格についてのみ言えば、多数のテキストを使うよりはより効率化を図ることができるからです。

社会保険労務士勉強イメージ