社会保険労務士になるための勉強

社労士合格までのプランニング

 

会社勤めをしている人であれば、社内で時々「社会保険労務士」という言葉を耳にしていたのではないでしょうか。雇用保険であったり、年金関係、労働基準法についてなどを、総務課や経理課の人達が社労士に相談をしていたはずです。法律に基づいた試験ということで、抵抗がある人もいるかも知れませんが、裁判などの特異な法律ではなく実生活で触れていることについての問題が多いので、学習の最初の段階では目や耳にしたことが多い言葉が多いでしょう。ただし、社労士の試験は年に1回で合格率もさほど高くないので、合格するためにはそれに見合うような学習が必要となってきます。効率的な学習方法としては、幅広い知識をつけたうえで過去問を解いていくことです。法改正に伴い試験の出題内容には多少の変化は生じますが、これは基礎知識が一番大事だということです。試験の内容は一部の例外を除いては、社労士としての利用頻度が高いものが多いので、その中での問題構成がされているので、過去問題をいくつも解いていれば網羅できるようになるということです。もちろん過去問は解くだけで満足するのではなく、徐々にで構いませんから正解率を上げていくことです。正解率が上がるということは、すなわち問題を理解しているということですから、合格が近づいてきます。また、試験行われる模試を受験することで、自分の苦手問題を知ったうえで克服することが大切です。模試の活用としては、正解していたものは理解しているものとし、不正解だったものを重点的に復習をし試験に臨むと良いでしょう。