社会保険労務士になるための勉強

社労士試験学習用の教材選び

 

社労士の試験は、現在自分が置かれている状況によって試験科目の免除等の措置をとれる場合もありますが、一般で受験するのであれば試験の出題範囲は広く、合格率もさほど高くないとされています。ですから試験勉強を始めるにあたっては、より効率的で試験の傾向と対策を踏まえた勉強と、試験準備期間のスケジュール管理が必要となってくるのです。最初から試験についてのすべてを知っている訳ではありませんから、最初に学習用教材の選定が重要となってきます。教材選びとして重要なのは、まず分かり易いことです。当然と思うかも知れませんが、初めて教材を選ぼうとすると情報量が詰まったものの方が後々まで使えるのではないかと選んでしまう人も多いのです。ですが、実際過去問を解いて、自分の記憶を思い起こす時には画像で思い出した方がより鮮明に覚えているものです。ですから、図解が多く色分けがしてある脳に記憶していおきやすいものを選んだ方が良いでしょう。解説についても添え書きが多い方が、復習の際により深い理解ができます。試験範囲が広いので記憶学習の時間にも増して、復習の時間が必要となってくるために、後からみてすぐに要点を理解することが出来るものが良いでしょう。そして、副教材としてのCDやDVDが付属しているものであれば、移動中やながら勉強の際にも役立てることが出来ます。その上で基礎知識がついてから過去問に取り組んだ方が、正解率もより高まり試験への自信に繋がることでしょう。