社会保険労務士になるための勉強

社労士試験への効果的な復習方法

 

何の勉強でも同じことが言えるのですが、一度覚えたものを忘れてしまうのが普通の人間です。ですから、学習の後には必ず復習を繰り返しすることで、頭の中に記憶として定着させていくことが出来るのです。復習を繰り返すと言っても、まず最初に学習をしなければ意味がありません。その為にまずすることは、理解しやすい教材を選び繰り返し同じ教材を使って勉強することです。過去問であれば、いろいろな問題を解いてみるのは良いのですが、基本となる教材については1つの教材を細部まで突き詰めていった方が良いでしょう。その基本書を選択する際に心掛けたいのは、図解や表が多彩で要点などのカラー表記や太字が多いこと、そしてその基本となる参考書の発行日がより最新であることです。学生の頃に宿題を出されたように、復習は宿題と考えた方が良いかも知れません。その方が意欲としてのモチベーション維持が出来るからです。そして、それとは別に法改正についてもアンテナを張らねばなりません。法改正は頻繁に行われていて、それと連動して試験の問題も改正されますから、試験前には再度の確認が必要でしょう。そうした学習を重ねたうえで、過去問をこなす事が合格への近道となるのです。過去問についても基本の参考書と同様に、最新版を利用した方がより実践に近い問題に対する訓練をすることが出来ます。もちろん基本さえ深く忠実にしっかりしていれば、初めての問題に直面しても臆することなく試験に挑むことができるのです。